卓球

【卓球】2019年度秋季関東学生リーグ戦 1部2部入れ替え戦 対日大 難敵日大に完勝!入れ替え戦勝利で1部残留

2019年度秋季関東学生リーグ戦1部2部入れ替え戦 対日大
2019年10月5日(土)
新座市総合体育館

リーグ戦を7位で終えた法大は、1部リーグ残留をかけて日大との入れ替え戦に臨んだ。難敵である日大との一戦に、苦戦は免れないかと思われたが、1番手の青山がエース対決をフルゲームで制すと、その流れに乗ってその後の3試合も連取。終わってみればマッチカウント4-0の完勝で1部残留を決めた。

DSC 2262 R中大戦以来の出場となった髙取・佐藤ペア。見事な逆転勝利で試合を締めくくった

試合結果

トータル試合結果

法政大学

3

シングルス

0

日本大学

1

ダブルス

0

 

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手

1

青山昇太(営4) 3-2(11-8、11-13、11-7、4-11、11-8) 金光宏暢

2

佐藤陽大(営2) 3-1(9-11、13-11、11-6、11-9) 三上貴弘
3  手塚元彌(営1) 3-0(11-7、11-8、11-3) 福原明雄
4  髙取侑史(法4)・佐藤 3-2(11-7、10-12、8-11、12-10、11-9) 金光・福山善哉
5 髙取 寶金侑作
6  井手口裕史(国4) 石榑大河
7 盛武大悟(国2) 内藤雅明
 

戦評

 秋のリーグ戦を1勝6敗の7位で終えた法大。入れ替え戦では2部2位の日大との一戦に臨んだ。
 法大が1番手として送り出すのはエースの青山昇太(営4)。日大の1年生エース金光宏暢との対戦となった。試合はお互いに2セットずつを取り合いフルゲームへ。最終ゲームでは、中盤押される展開となったが、青山が取ったタイムアウトにより流れが変わる。タイムアウト明けから4連続ポイントで逆転、一気に突き放し、そのまま逃げ切って勝利を挙げた。
 勢いづく法大から2番手で登場したのは佐藤陽大(営2)。第1ゲームこそ落としてしまったものの、調子に波のある相手に対し、冷静な試合展開で進めた佐藤。第2ゲームから3セットを連取し、逆転勝利を収めた。
 2連勝で波に乗る法大からは続いて手塚元彌(営1)が出場。自慢のバックハンドに加え、台上などの小技も絡めてペースを握る。結局最後まで流れを渡さずにストレート勝ちを収めた。
 3連勝で早くも残留へ王手をかけた法大からは、ダブルスで髙取・佐藤ペアが出場。秋季リーグ第2戦の中大戦以来の出場となったペアは、第2、第3ゲームを落とし、追い込まれてしまう。しかし、第4ゲームを12-10とデュースの末に奪うと、最終ゲームも11-9と接戦をものにして逆転勝利を挙げた。
 難敵日大を相手に4-0と完勝を収めた法大。この勝利によって、来季の1部残留を決めた。(片山和貴)

フォトギャラリー

  • DSC 2262 R中大戦以来の出場となった髙取・佐藤ペア。見事な逆転勝利で試合を締めくくった
  • DSC 2124 Rエース対決を制し、チームに勢いを与えた青山
  • DSC 2163 R冷静な試合運びで勝利した佐藤
  • DSC 2241 R小技を絡めた巧みなプレーが光った手塚
  • DSC 2309.2 R難敵を相手に圧巻の勝利を挙げた法大。来季も1部での戦いが決まった。
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み