サッカー

【サッカー】特別企画!Jリーグ内定者たちはどんな人?選手アンケートで徹底解剖その2 ~下澤悠太、森俊貴、末木裕也~

 

  オフシーズン特別企画!2020シーズンからのJリーグ入りを決めた松澤彰(現4)、紺野和也(現4)、大西遼太郎(社4)、下澤悠太(社4)、森俊貴(情4)、末木裕也(スポ4)、橋本陸(経4)、そして2021シーズンからのJリーグ入りが決まっている中野小次郎(経3)の8人にアンケートを実施。サッカーへのこだわりからオフの過ごし方まで徹底解剖!今回は第二弾!ブラウブリッツ秋田内定の下澤、栃木SC内定の森、カターレ富山内定の末木です。

DSC 8292 R
選手の素顔に迫ります

選手アンケートQ&A

下澤悠太

生年月日
1997年9月4日
学部/学年
社会/社会
身長/体重
170cm/68kg
出身
東京都東久留米市
所属クラブ経歴
東久留米ウィンズ→FC.PROUD→柏レイソルU-18→法大
利き手/利き足
右/右
使用しているスパイク/サイズ
ナイキ/25.5cm
ユニフォームのサイズ
L
道具へのこだわり
特になし
サッカーを始めた時期
小学校2年生(サッカー歴14年)
きっかけ

サッカーを始めたときの最初のポジション
FW
経験したポジションの移り変わり
FW→GK→SF→FW→ボランチ
サッカー人生で一番記憶に残っている試合
リーガエスパニョーラ(スペイン)10-11シーズン第13節(バルセロナ5-0レアル・マドリード)
サッカー人生におけるターニングポイント
小学校高学年の時にある指導者と出会ったこと
法大を選んだきっかけ
練習参加をしたときに自分の積み重ねてきたことが発揮しやすいなと感じたことと、社会学部で社会問題や諸外国の勉強がしてみたいと思ったから
遠征や長時間の移動中でしていること
読書、勉強、パソコンを使っての作業
オフの日にしていること
起きて、ご飯を食べて、学んで、トレーニングして、寝る
試合前のルーティン
ホイッスルが鳴る前に胸付けジャンプを5回→腰ふり左右2回ずつ→空を見上げる
ゲン担ぎ
昔は試合前に部屋の掃除をするということをやっていたけど、スピリチュアルなことを基本的に信じなくなったためやめた
2019年で一番印象に残っている試合
UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 バルセロナ対リヴァプールのホーム&アウェイの2試合(2試合合計バルセロナ3-4リヴァプール
あなたにとって大学サッカーとは
自由な時間が増えたのでサッカーだけでなく人としてもより成長できた場所
あなたにとって法大はどんなクラブか
選手間の距離が良い、仲が良い、そして面白い
長山一也監督はどんな人
負けず嫌いで結果にこだわる監督
憧れの選手、影響を受けた選手
アンドレス・イニエスタ選手(ヴィッセル神戸#8)、加藤恒平選手(セント・ジョセフスFRAC/ジブラルタル)、本田圭佑選手
影響を受けた指導者
柏レイソル時代のスタッフの方々
得意なプレー、自分の武器
足下の技術や状況判断/継続力と向上心
内定クラブの印象
選手間の仲が良く、練習参加に行った際もプレーしやすい状況を作ってもらいました。また、練習の強度も高く、たった3日間の練習参加でしたが学ぶことが多くあり、充実した時間を過ごすことが出来ました。
これからの抱負
もう年齢的にも若くないので、開幕から試合に出られるように日々ひたむきに練習とそれ以外の時間に励むようにすること。そしてチームのJ2昇格という目標に向かって精一杯頑張りたいと思います。

DSC 9720 R
高い技術とひたむきに努力できることが彼の才能だ

森俊貴

生年月日
1997年8月29日乙女座
学部/学年
情報科/コンピュータ
身長/体重
178cm/69kg
出身
栃木県茂木市
所属クラブ経歴
栃木SCジュニアY→栃木SCY→法大
利き手/利き足
左/右
使用しているスパイク/サイズ
プーマ/27.5cm
ユニフォームのサイズ
L
道具へのこだわり
すぐに捨てない
サッカーを始めた時期
小学校1年生(サッカー歴16年)
きっかけ
兄の背中を追って
サッカーを始めたときの最初のポジション
FW
経験したポジションの移り変わり
FW→ボランチ→SB→サイドハーフ→FW→サイドハーフ
サッカー人生で一番記憶に残っている試合
小学校の時(栃木SCジュニア)の県大会決勝
サッカー人生におけるターニングポイント
大学選び
法大を選んだきっかけ
レベルの高さ、少数精鋭
遠征や長時間の移動中でしていること
読書
オフの日にしていること
読書、勉強
試合前のルーティン
決まってないため募集中
ゲン担ぎ
同上
2019年で一番印象に残っている試合
天皇杯4回戦ヴァンフォーレ甲府戦
あなたにとって大学サッカーとは
成長をサポートする場
あなたにとって法大はどんなクラブか
常に明るいクラブ
長山一也監督はどんな人
負けず嫌い
憧れの選手、影響を受けた選手
特にいません
影響を受けた指導者
栃木時代の花輪浩之さん(現栃木SCアカデミーディレクター・U-15コーチ)
得意なプレー、自分の武器
フィジカルを生かした守備やボールキープ
内定クラブの印象
走る、球際
これからの抱負
より多くの子どもたちの目標となれるよう頑張ります

DSC 0040 R
森にとって14番は重要な番号だ

末木裕也

生年月日
1997年5月16日雄牛座
学部/学年
スポーツ健康/スポーツ健康
身長/体重
177cm/75kg
出身
山梨県笛吹市
所属クラブ経歴
フォルトゥナSC→ヴァンフォーレ甲府ジュニアユース→ヴァンフォーレ甲府U-18→法大
利き手/利き足
右/右
使用しているスパイク/サイズ
ミズノ モレリアⅡ/28cm
ユニフォームのサイズ
L
道具へのこだわり
モレリアⅡは小学校の時から使用 足になじむ
サッカーを始めた時期
年中(サッカー歴18年)
きっかけ
兄の影響
サッカーを始めたときの最初のポジション
FW
経験したポジションの移り変わり
FW→MF
サッカー人生で一番記憶に残っている試合
大学2年次 総理大臣杯決勝
サッカー人生におけるターニングポイント
中学3年生から高校1年生に上がるとき
法大を選んだきっかけ
関東リーグ1部だったから
遠征や長時間の移動中でしていること
音楽を聴く 寝る
オフの日にしていること
ご飯を食べに行く
試合前のルーティン
無し
ゲン担ぎ
無し
2019年で一番印象に残っている試合
天皇杯3回戦ガンバ大阪戦
あなたにとって大学サッカーとは
アマチュア最高峰
あなたにとって法大はどんなクラブか
家族みたいなクラブ
長山一也監督はどんな人
とても熱い人
憧れの選手、影響を受けた選手
山本英臣選手(ヴァンフォーレ甲府#4)
影響を受けた指導者
高校時代(ヴァンフォーレ甲府U-18)の小佐野一輝(元)監督
得意なプレー、自分の武器
キック セットプレー
内定クラブの印象
サッカーが面白い
これからの抱負

プロ1年目から試合に出て結果を残す

DSC 7750 R
総合力の高い中盤の要だ

フォトギャラリー

    • DSC 9720 R最後の1年は10番を背負った下澤。4年間で大学サッカーという特殊な環境を発信することも欠かさなかった。『キャプテン・モサ』の確かな技術と向上心があればどこでだって活躍できるはずだ
    • DSC 0040 R理系の学生として学業もおろそかにせず4年間を戦った森。黒崎隼人(平31年度卒)や明本考浩(国士舘大/栃木SC内定)らの古くから知る仲間達とともに『一番好きなクラブ』に恩返しだ
    • DSC 7750 R天皇杯での一枚。ヴァンフォーレ甲府、法大、そしてカターレ富山、その他のクラブで多大な影響を受けた末木が成長した姿を見せいつかまた帰ってきてくれることを、愛するクラブはいつだって歓迎してくれるだろう
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202002173

 

 

定期購読の申込み