硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 2年野手編  ~大柿廉太郎、高田桐利、野尻幸輝、宮﨑秀太~

2020年9月3、4日(木、金)
法政大学野球部合宿所(オンライン)

 昨季に3季ぶり46度目のリーグ優勝を果たした法大。その優勝からはや1カ月、9月18日に秋季リーグが開幕する。5回に分けてお送りするインタビューでは、連覇を目指す法大ナインの今季の目標や意気込みを伺った。今回は2年野手編、大柿廉太郎(法2)、高田桐利(営2)、野尻幸輝(営2)、宮﨑秀太(営2)のインタビューをお届けする。(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、取材はオンラインで実施)

Miyazaki R
今季もリードオフマンとして打線をけん引したい

選手インタビュー

大柿廉太郎 捕手

ー昨季を振り返って
守り勝ったというイメージが強いです。エース級の相手投手が投げてくるので、得点が取れない中で、守備でしっかり粘って勝てたというのが大きいと思います。

ー昨季の優勝を振り返って
優勝というのを初めて経験できたので、すごくうれしくて、頑張ってきて良かったなと思いました。

ー昨季に見つかった課題
試合が緊迫している時のピッチャーとの間合いだったり、攻め方に少し難しさがあったので、ピッチャーとの意思疎通というのがすごく大事だなと思いました。

ー投手陣をリードする上で気をつけたこと
ピッチャーが自信を持って良いボールを投げれるように自分は配球をしました。

ー過密日程で連戦が続いた、疲労は大きかったか
想像していた以上に暑かったので、相当きつかったです。

ー昨季は大柿選手も含めた2年生が多く活躍した
同期は3人くらいスタメンがいたので、試合前とかも緊張することなく、気安くいろいろな話をできたので、メンタル的にも余裕ができました。そういった意味で同級生の存在は大きかったです。同期にしか言えないこととかもあるので、そういうところも心強かったです。

ー自身のアピールポイントは
自分はキャッチャーというポジションなので、その守備に自信を持っています。ピッチャーとの配球だったり、体でボールを止めることや盗塁を刺したりすることには自信を持っています。

ー二塁送球で意識していることは
自分は肩があまり強い方ではないので、しっかり足を使いながら強いボールを送球することを意識しています。

ー目標にしている選手は
炭谷銀次郎(巨人)選手です。キャッチャーとしてのスタイルというか雰囲気が好きです。

ー春季リーグから秋季リーグまで約1カ月しかない中で調整に難しさはあるか
体調を整えながらもチームの課題を潰していかないといけないので、身体的には厳しいものがありますね。

ー今季の目標
打率3割を達成してみたいです。

ーファンの方に一言お願いします
春に優勝する姿を見せることができたので、秋もしっかり2連覇して、『法政が強い』というのを見せたいと思います。

(取材・五嶋健)

大柿廉太郎(おおがき・れんたろう)
法学部2年 2000年7月31日生まれ
栃木県出身・健大高崎
180cm83kg 右投右打
昨季成績:4試合 17打席 15打数 3安打 0本塁打 3打点 1四死球 1三振 打率.200
『昨季は開幕スタメンをつかむと、そのままレギュラーに定着。巧みなリードでチームを優勝に導いた。今季は目標の打率3割を達成し、チームの連覇に貢献する』

高田桐利 内野手

ー優勝を果たした今の気持ちは
自分は初めてリーグ戦に出させてもらえたので、とてもうれしかったです。

ー春季リーグが始まるまでに取り組んだことは
延期になったのは分かっていたので、初戦に向かって頑張るだけでした。

ーリーグ戦が延期されたことで影響はあったか
そこまで無かったです。リーグ戦があることは分かっていたので、ただ頑張るだけでした。

ーリーグ戦初出場のときに緊張はあったか
緊張というよりかは、「とにかく思いきってやろう」という気持ちがありました。

ー昨季見つかった課題は
特にバッティングをレベルアップしたいなと思っています。

ー昨季の収穫は
収穫は、守備練習を自分にとって結構したので、守備でミスが出なかったのは良かったです。

ーアピールポイントは
守備では、失策0でした。守備です。

ー守備で意識していることは
捕球するときの一歩目とバッターの打ち方や配球によってポジションを変えることです。打球の入り方を意識しています。

ー昨年は二塁手に同学年の齊藤大輝(人2)選手が起用されていたが、意識しているか
そこまでないです。自分のできることをやろうという感じです。自分にできることを考えてやることを心がけています。

ー仲が良い選手は
野尻(幸輝、営2)です。よく練習しますし、休みの日に一緒にご飯を食べに行きます。

ーこれから取り組むことは
期間は短いんですけれど、まだできると思うので、自分の足りないところをしっかりレベルアップできるように練習するしかないです。

ーオープン戦の調子は
オープン戦はまだ結果が出せていないので、これからちょっとでも出せるように頑張りたいと思います。

ー来季に向けて意気込みを
試合に出させていただいたときは、他のチームメイトの分も代表して出させてもらっているので一生懸命思いきったプレーをしたいと思います。

(取材・高安寛)

高田 桐利(たかた・きり)
経営学部2年 2000年9月5日生まれ
岡山県出身・広陵
168cm65kg 右投左打
昨季成績:5試合 17打席 15打数 2安打 0本塁打 0打点 1四死球 5三振 打率.133
『徹底的に取り組んだ守備練習で培った、抜群のフットワークが武器。今季は安定した守備に加え、確率の高い打撃で信頼を掴み取る。』

野尻幸輝 外野手

一春のリーグ戦の延期が決まった時の率直な気持ちは
春に日程が決まっていて、そこに向けて準備していたので、そこがずれたのは正直嫌な気持ちはありましたが、延期された分、様々な練習を出来たのでその点ではプラスに捉えることができました。

一野球に関して、自粛期間中に意識したことは
オープン戦を重ねる中でヒットは出ていましたが、自分の持ち味である長打力が生かせていなかったので、この自粛期間でもっとスイングを力強いスイングに出来るように取り組んできました。

一昨季を振り返って
スタメンで出場したかったですが、途中出場という形になって自分の中でも非常に悔しいリーグ戦になりました。

一昨季は投手として公式戦初登板もありました
オープン戦は投げていませんでしたが、タイブレークの場面で(青木久典)監督さんが自分に任せてくれたので期待に応えたい、チームの勝利に貢献したいと思って全力で投げました。

一普段野手である点が投手に生きている部分は
バント処理などピッチャーフィールディングというところは、野手上がりの自分は投手の方よりはより良く対応できる部分があると思っているので、そこは自分の強みではあります。

一今後の投手としての出場は
どんな形であれチームに貢献できることは非常に良いことだと思うので、投手でも野手でも野球を楽しみながらチームに貢献できれば良いと思っています。

一打撃面では4試合に出場し5打数無安打という結果でした
オープン戦はずっとスタメンで出場していて、最後に調子を崩してしまってリーグ戦は一度もスタメンで出場することができませんでした。そこがまだ自分の弱みであって、調子が下がっている時にリーグ戦を迎えたので、ヒットも打てなかったというところは自分の中で非常に悔しい思いだったので、秋にかける思いというのがより一層強くなりました。

一昨季は大柿選手や高田桐選手、海﨑雄太(文2)選手など同学年の選手の活躍が目立ちましたが
同じ大学でも2年生でスタメンで出場する人もいたり、他大学でも2年生でスタメンで出場する人はたくさんいて、自分はそこに食い込んでいかないといけないなと思うので、本当に悔しさしかなかったです。

一来季までに調整したい部分は
自分の強みはバッティングだと思うので確率良く、勝負強く打てるバッティングを身につけるために練習を積み重ねていきたいなと思います。

一来季の個人目標、そしてチーム目標は
個人としてはスタメン出場、そしてクリーンアップを打って勝負強いバッティング、チャンスで一本打てるようにしていきたいと思いますし、チームとしてはリーグ戦を春秋連覇という形で終わりたいと思っています。

一最後に今季への意気込みを
秋は必ず自分の一打で勝ったと言えるようにしたいので、しっかりと執念を持って打席に立っていきたいなと思います。

(取材・吉本侑樹)

野尻 幸輝(のじり・こうき)
経営学部2年 2000年10月6日生まれ
岐阜県出身・木更津総合
178cm94kg 右投左打
昨季成績:(野手)4試合 5打席 5打数 0安打 0本塁打 0打点 0四死球 2三振 打率.000
     (投手)2試合 1回⅔ 被安打0 奪三振0 与四死球1 自責点0 防御率0.00 0勝0敗
『開幕戦はベンチスタートで代打を中心に出場。投手としてもタイブレークに突入した明大戦では1回を投げて無失点で試合を締めた。今季は二刀流、そしてクリーンアップを狙う。』

宮﨑秀太 外野手

ー昨季を振り返って
チーム的には優勝できたことが一番大きいと思います。個人については、結果的にベストナインというタイトルをとれて、チームに貢献できたことが良かったです。

ー自粛期間はどう過ごされたか
ほぼ家で(練習を)やりました。自分でできることをやったりとか、永廣(知紀、営4)さんと実家が近いので、一緒に外で練習したりしました。

ー春に活躍されたが、その中でも見えた課題は
先頭バッターなので、出塁に関してですかね。早稲田戦と明治戦で(出塁)できなかったので、出塁率をもっと上げたいと思ってます。

ーリーグ戦を終えてからはどんな練習を
個人的にはバッティングと、守備練習を怠らないように、どちらもしっかり練習しています。

ー昨季は2年生の活躍が目立ちました、普段2年生同士でどのような話を
みんな仲良いので、よくちょけたりしています(笑)。練習では真面目ですが、練習外や寮ではよく喋っています。

ー自分の持ち味はどんなところか
バッティングだと思います。

ー他大の選手で負けたくない選手は
実際、他の選手はよく分からないです、なんとも言えないです(笑)。

ー今季の目標をお願いします
個人の目標としては、チームのために貢献したいです。そして、自分の役割や仕事をしっかりできればいいかなと思ってます。試合数が春より多くなるので、厳しくなると思うんですが、打率ではしっかり数字を残したいです。チームとしては、春優勝してるので、やっぱり連覇することです。

(取材・山岡菜月)

宮﨑秀太(みやざき・しゅうた)
経営学部2年 2000年6月21日生まれ
大阪府出身・天理
166cm70kg 左投げ左打ち
昨季成績:5試合 20打席 18打数 7安打 1本塁打 2打点 1四死球 3三振 打率.389
『昨季はリーグ戦初出場ながら、打撃と守備で魅せ、優勝に大きく貢献。先頭打者として、法大打線の中核を担う』

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202010191

 

 

定期購読の申込み