硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集 4年野手編  ~永廣知紀、村田雄大~

2020年9月3、4日(木、金)
法政大学野球部合宿所(オンライン)

 昨季に3季ぶり46度目のリーグ優勝を果たした法大。その優勝からはや1カ月、9月18日に秋季リーグが開幕する。5回に分けてお送りするインタビューでは、連覇を目指す法大ナインの今季の目標や意気込みを伺った。今回は4年野手編、永廣知紀(営4)、村田雄大(人4)のインタビューをお届けする。(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、取材はオンラインで実施)

murataP R
秋も4番として躍動する

選手インタビュー

永廣知紀 外野手

ー改めて、春季リーグを優勝してみて
うれしいです!

ーリーグ戦初出場で、首位打者とベストナイン獲得と素晴らしい結果を残しました
100点です!打撃は、(打とうと)欲を出しすぎないようにしました。守備は、ピッチャーに迷惑をかけないように気をつけました。特に、1歩目を大事にしています。

ー春季を経て、見つかった課題は
ヒットにできる球をヒットにできずに、もったいないアウトが多かったかなと思います。

ーなぜ外野手に挑戦したのか
内野下手くそで、クビになりました(笑)。ピッチャーもキャッチャーもできないので、外野に行きました(笑)。

ー秋季リーグまで1カ月を切りましたが、どんな練習をしているか
バッティングに力を入れています。チームとしては、試合でバントの失敗が無いように練習をしています。

ー今後に向けて伸ばしていきたいところは
長打を打てるようにするために、ウエイトをしています。

ー大阪桐蔭高時代に培ったもので、現在役立っていることは
エンドランです!エンドランが得意なので。

ー試合後の取材で「ガチナイス!」と答えてくださりましたが、それはチーム内で流行ってるワードか
いや、自分だけです!流行らせたかったんですけど、全然流行らないです(笑)。

ー個人としての秋の目標は
また継続していい成績を残せるようにしたいです。

ーチームの目標は
春秋連覇できるのは自分たちしかいませんし、追う立場から追われる側なので、ウサギとカメじゃないですけど、ウサギにならないようにしたいです。

(取材・山岡菜月)

永廣知紀(ながひろ・ともき)
経営学部4年 1998年4月10日生まれ
和歌山県出身・大阪桐蔭
175cm78kg 右投げ右打ち
昨季成績:4試合 18打席 16打数 8安打 0本塁打 2打点 1四死球 1三振 打率.500
『春季は驚異的ともいえる打率.500を記録。チームに欠かせない要となった。持ち前の勝負強さで、秋も法大にガチナイスな結果をもたらす。』

村田雄大 外野手

ー優勝が決まった瞬間の感想は
みんなで勝ち取った優勝だし久々に優勝できたので、自分もその一員になれてうれしい気持ちでした。

ー春季リーグを振り返って
個人的には思うような結果は出なかったんですけど、それでもチームが勝てたので良かったです。

ー一番印象に残った試合は
慶大戦ですね。これまで先輩方も勝ってなくて自分達でリベンジしたかったので勝てて良かったです。

ー優勝できた要因は
先輩方と比べると個人の能力は高く無いんですけど、チームのまとまりは強いと思うのでそこが優勝につながったと思います。

ー反省するべきところは
全勝優勝を目指していたのでそこを取りきれなかったのがまだまだ甘いところかなと思います。そこを秋までにもう一度鍛え直して達成したいです。

ー真夏の中での短期決戦となりましたが、コンディションは
例年と違って暑い中で連戦が続いていたので疲労がかなり溜まっていましたが、それでもみんな歯を食いしばって頑張っていたので良かったなと思います。

ー個人の打撃成績について
全然ダメでした。納得はいってないです。

ー全試合4番で起用されました
あまり考えてはいなかったんですけど、法政大学の4番だという思いはしっかり持ってました。

ーチーム打率がリーグ4位となりました
4位でも勝ってるので大事なところでの一本とかがチーム全体でできてたんじゃないかなと思います。

ー今はどのような練習を
秋に向けてもう1回基本から鍛え直しています。

ー秋までに調整したいことは
しっかりバッティングで自分の形を固めることとチームの足を引っ張らないようにしっかり準備をします。

ーリベンジしたい投手は
春対戦した投手は全員良い投手だったので、また対戦したいです。

ー個人の目標をお願いします
たくさん良いところで打って打点を挙げてチームを勝たせられるような4番になりたいです。

ー秋季リーグに向けて意気込みをお願いします
連覇できるのは自分たちしかいないのでしっかり頑張っていきたいです。

(取材・鈴木滉平)

村田雄大(むらた・ゆうだい)
人間環境学部4年 1998年4月30日生まれ
神奈川県出身・横浜
185cm95kg 左投左打
昨季成績:5試合 19打席 16打数 3安打 1本塁打 3打点 2四死球 5三振 打率.188
『昨季はリーグ戦初本塁打を打ったものの、納得のいく成績を残せず。今季こそは4番としてチームを勝利へ導く。』

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202010191

 

 

定期購読の申込み