硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春期リーグ戦開幕直前特集 幹部インタビュー編  ~中村迅、高田考一、羽根龍二~

2020年8月7日(土)
オンライン

 8月10日に開幕する東京六大学春季リーグ戦。開幕を直前に控えた選手たちの『今』を伺うべく取材を敢行。今回は幹部編、中村迅(営4)、高田考一(法4)、羽根龍二(社4)のインタビューをお届けする。(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、取材はオンラインで実施)

2020-08-07 2 R
主将がチームをけん引する

選手インタビュー

中村迅主将

ー来週からリーグ戦が始まりますが、今の心境は
ようやくリーグ戦ができるなという感じです。

ー新型コロナの影響で延期を受けたときの当時の状況は
先が見えなくてリーグ戦ができるか不安だったんですけれど、開催が決まった時には「やってやろう」という気持ちになりました。

ー自粛期間の取り組みなどは
全体練習が約2か月無かったので、自分の体づくりなどを見直してやってきました。

ー主に鍛えた場所は
体は全体的に鍛えたんですけど、技術面で言ったら打撃に関しては振る量を増やしてやってきました。

ー硬式野球部のSNSでは部員が地元に帰っている姿を拝見しましたが、中村選手はいかがでしたか
地元に帰りましたね。

ーリモートで全体練習という感じですか
練習は個人というか、各自家でやる感じでやってきました。

ー個人でメニューをこなしていくということですか
そうですね。全体のメニューというのは無かったので、自分で考えてやっていました。

ーそのメニューはトレーナーや監督などの指示のもとに組まれたものですか
自分は自分で考えてメニューを作ってやりました。

ー自粛期間は部員が各地に分かれたということですが、他の選手とのコミュニケーションというのは
一回だけ、リモートでミーティングというか全体のがあったくらいで、特に2か月間は細かいコミュニケーションは取れなかったです。

ー自粛期間は他の選手との関わりが薄くなったということですか
はい、そうですね。その分個々の練習というか、自分を伸ばす時間ができたので、自分のレベルアップに費やしました。

ー自粛が明けてグラウンドに帰ってきた時の体の調子というのは
結構いい感じで、2か月間自分でも追い込んできたつもりだったので、良い感じに仕上がってました。

ーチームとして自粛ではなかなかコンタクトが取れない中でしたが、自粛が明けて再び全体練習が始まった時のチームの状況は
2か月間空いたのがちょっと心配だったんですけど、チーム全体で各々がしっかり体を仕上げてきてくれたので、あまり支障はなかったです。

ー夏季オープン戦が始まりましたが、自身のコンディションは
徐々に良い感じに仕上がってきていると思います。

ーチームとしては
最初はなかなか勝てなかったです。打撃陣が奮起できずに負ける試合が多かったですけど、最近は打撃陣が調子も上がってきています。元々、投手陣が安定しているので、そこにうまく打撃陣が乗っていけたら、良い形になると思います。

ーこの自粛を乗り越え、注目してほしい法大のポイントは
一番はチームワークが今年の持ち味かなと思います。

夏開催ということで、夏対応など
このコロナの2か月間の自粛が終わってから、例年とは比べ物にならないくらい走り込みや振り込みを行ってきました。その面に関しては自信を持っていますし、早く試合がしたいという気持ちです。

ーさらに今年は短期決戦の総当たり戦ということで1試合の重みがさらに増すと思われますが
(自分としては)初めてのことなので、やってみないと分からないですが、短期決戦ということで、一球で勝敗が大きく変わってしまうので、一球に対して貪欲に今までやってきたことを発揮できたら良いなと思います。

ー主将として迎えるシーズンですが
今まではついていくだけの選手だったのですが、今年からは引っ張る立場になったので、プレーでも声でもいろんな面でチームを引っ張っていけたら良いなと思います。

ーではどのようにチームを引っ張っていきますか
1番は打撃が持ち味なので、打撃でチームに貢献できるような一打を打ちます。

ーそれではリーグ戦での目標は
チームとしてはチーム一丸となって一戦必勝です。個人としては、1番は勝負強いバッティングというか、ロースコアが予想されるので、そこで貴重な一本が出たら良いなと思います。

ー最後にリーグ戦開幕を待ち望んでいる法大ファンの皆さまへ
僕たちも待ちに待っていました。体も技術も仕上がっているので良いプレーをして、勝ちたいと思います。応援よろしくお願いします。

2020-08-07 2 R
中村 迅(なかむら・じん)
経営学部4年 1999年1月28日生まれ
常総学院高出身・右投左打・内野手

高田考一 副将

―現在のチームの状況は
オープン戦がすべて終わった中で野手も投手もいいバランスで仕上がっているので、とてもいい状態だと思います。

―高田孝投手ご自身のオープン戦の調子は
自粛明けからのオープン戦で実践感覚も少し離れてはいたんですけど、その中でもいい調整というか、良い準備ができているので僕の状態としてもすごくいい感じで来ています。

―自粛期間中にどのように過ごしたか
2か月間自粛期間があった中で、もう一回自分の体であったり、自分の投球を振り返る良い機会になったので、そこはとても良かったと思います。

―自粛期間中は寮は解散になったのか
完全に封鎖という形ではなかったんですが、グラウンドが使えなかったので、地元に練習環境がある人は帰って、無い人は居残るという感じで、半々ぐらいに分かれました。

―高田孝選手は
僕は地元に帰って高校のグラウンドを借りて練習してました。

―高校生から刺激を受けたこと
一番思ったのは、高校生と大学生のレベルの差を感じたので、そこは自信になりました。いろいろ(高校生から)アドバイスを聞かれたりもしたので、そこは自分の考えをアウトプットするいい機会になったかなと思います。

―自粛期間を経て再合流した時に成長を感じた選手は
全員レベルアップしてるなという印象を受けました。個人的には山下輝(営3)が成長しているというか、ひじのけが明けで長いイニングは投げられない中でも終盤の1イニングをしっかり0で抑えてくれるので、そこはすごく頼もしいし期待しています。

―今季は今までとは違う中での開幕となりますが、調整に変化などは
春はいつものリーグ戦ではなくて、1試合の総当たりなので連投であったり、連戦が予想されるので、連投の準備と熱い中で投げるので暑さをイメージして練習しています。

―オープン戦でも中継ぎでの登板もあったが特殊日程をにらんでの登板か
そうですね。先発で投げた後の中継ぎであったり、逆に中継ぎで投げた後の先発もあるので、そこの体の状態を確かめながら、投げていました。

―真夏に行われるリーグ戦ということで、普段よりも気にすることは
軸になるピッチャーとして僕であったり、鈴木(昭汰、キャ4)の4年生2人が投げていかないといけないので、なるべく二人が先発の時は長いイニングが投げられるようにということと、連投の準備も踏まえて頑張ってます。

―特殊日程で行われるリーグ戦ということで層の厚さがものをいう展開になることが予想されるが、改めて警戒する大学は
今年は結構どの大学もピッチャー陣がしっかりしているなという印象は受けるので、うちのピッチャー陣も投げ負けないようにしたらいいと思います。最近は慶應に勝ち点が取れていないので、短期決戦という形ですけど、総力戦で勝ちたいと思います。

―有観客試合での開催が決定。観客の存在は力になるか
応援があるのと無いのとでは全然違うので(力になります)。応援団は春は入れないということなんですが、観客の方々が入ってくださるので、そこはしっかり力に変えて頑張りたいなと思います。

―ファンの方に一言お願いします
このような状況の中でいろいろ大変だと思いますが、僕たちも全力で頑張るのでファンの皆さんも応援よろしくお願いします。

2020-08-09 7 R
高田 孝一(たかだ・こういち) 
法学部4年 1998年6月3日生まれ 
平塚学園高出身・右投右打・投手 

羽根龍二 副将

一春のリーグ戦の延期が決まった時の率直な気持ちは
4月に向けて全員が準備していたので、延期になったと聞いて多少は残念な気持ちはあったんですけど、そこで中止と決まらずに延期という結果になったので、春のリーグ戦が実施されると信じて練習していました。

一今回の状況に関して、チーム内でミーティングや監督からの話は
一時は自宅に帰る者と寮に残る者がいたので、それぞれ各自で自主練習という形でリーグ戦のために、自分のために一人一人やっておけというふうには言われました。

一野球に関して、自粛期間中に意識したことは
自粛期間中はジムでトレーニングをしたり、なかなかバッティングもできないのでバッティングセンターに行ったり、河川敷で地元の中学の同期とかとキャッチボールをしたりと体を動かすようにはしていました。

一野球以外では、どのような時間を
新しく本を買って読んだり、映画やドラマを見たりしていました。Netflixの梨泰院クラスだったり映画はミステリーや恋愛など多くのジャンルのものを見ていました。

一4年生として、大学野球ラストイヤーがこのような形で十分に野球ができていない状況ですが
これは僕たちがどうやっても変えられない、しようがない状況なので一つしっかり受け入れて、自分たちにできるのはリーグ戦が実施されることに向けてしっかり練習して、各1試合毎の総当たり戦という形ですけど、そこでしっかり優勝を目指すというのは自分たちにやれることなんじゃないかなと思ってやっています。

一今のチームの雰囲気は
自粛期間が明けてからは水を得た魚のごとく本当に楽しそうに優勝に向けて、より一丸となって良い雰囲気で野球をやれています。

一最近のオープン戦では良い当たりが出ているようですが調子は
リーグ戦の開幕が近づくにつれて自分の中でバッティングの確立したものがだんだんと出てきているので、このまま調整していけばリーグ戦でも結果は出せると思っています。

一オープン戦の打席内での意識は
1打席1打席をしっかり振り返って、同じ打ち取られ方をしないだったり、1打席前の結果がタイミングが早かったりしたら少し遅くしてみたり、自分の意識するバッティングのポイントを少し変えてみたりと試行錯誤を繰り返してやっていきました。

一ラストイヤーとなる今年の個人目標は
リーグ戦では5試合の中でホームラン3本、そして打点王を取ることが目標です。

一チームの目標は
春のリーグ戦優勝です。

一リーグ戦開幕を楽しみに待っているファンの皆様へのメッセージ、そして意気込みもお願いします。
このようなご時世ですけど、このように野球をできる喜びを噛み締めて、精一杯優勝を目指してプレーしますので応援よろしくお願いします。

2020-08-09 4 R
羽根 龍二(はね・りゅうじ) 
社会学部4年 1998年4月10日生まれ
日大鶴ヶ丘高出身・右投右打・内野手

8月25日に開幕するSUMMER CHALLENGE CUP。全日や春季リーグ戦が中止になったことにより開催されることとなった大体大会である。そんな開幕を直前に控えた選手たちの『今』を伺うべく取材を敢行。今回は幹部編、中川大輔(社4)、水谷憲正(経4)、鎌田航平(社4)のインタビューをお届けする。(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、取材はオンラインで実施)

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202002173

 

 

定期購読の申込み